これって認知症なの?

大阪府八尾市 厚生会第一病院の認知症・物忘れ外来

認知症についての正しい知識を得て頂くことが、ご本人、ご家族の健やかな未来への第一歩です。

認知症はすでに身近な疾患です。

厚生労働相の発表によると2012年の認知症患者は約462万人、認知症予備軍である軽度認知障害(MCI)の高齢者約400万人を含めると、65歳以上の4人に1人が認知症患者と認知症予備軍です。また、2025年の認知症患者は約700万人を超えると推計されるとの発表があり、軽度認知障害(MCI)を加えると約1300万人に達する見込みとなり、65歳以上の3人に1人が認知症患者と認知症患者予備軍ということになります。

ちょっとおかしいかな?と思ったら

両親や配偶者、ご兄弟に認知症のような症状が現れても、「年齢のせいではないのか?」、「本人に伝えても大丈夫?」などと考えてしまいがちです。認知症は早めの検査で正しく診断することで、症状を改善したり、進行を遅らせることができます。

適切な知識と理解

  • 認知症への知識
  • 認知症への理解
  • 認知症の方との接し方

適切な検査

  • 早めの検査で認知症を早期発見
  • 定期的な検査で症状の進行を把握
  • 定期的な検査で最適な治療

適切な治療

  • 早めの治療で進行を予防
  • 早めの治療で改善の可能性
  • 手術で改善可能な認知症も

認知症で家族に負担をかけない。
認知症の方の介護で悩まない。

認知症のつらさは関わった人だけがわかるものです。それを助けるのが当病院の役目だと考えています。以下は、当病院で実際にあったご家族とのやりとりです。

Yさん:先生有難うございます。

院長:Yさん、お久しぶりですね。突然どうなさったんですか?

Yさん:馬場先生に出会うまでは認知症の介護が大変で心が折れることが何度もありました。

院長:私は検査をして、治療方針を決めただけですが…何か特別な事をしていましたか?

Yさん:他のいくつかの病院にも母の認知症でかかりましたが、何となく画一的で金太郎飴のような感じで・・・。診察して、検査して、薬出して、「あなたのお母さんは認知症です、お薬を服用して進行を極力遅らせましょう。(はい、終り)」っていう感じで、「どの患者さんでも同じなんだろうな」という印象だったんです。
母も認知症の自覚がないし、プライドを傷つけられて「病院なんか行かない」と言い出して・・・。
でも、少し遠かったんですが、厚生会第一病院にこれで最後って無理をして連れて来たんです。今の状況がどうなっているのか、どの程度進行しているのか、そうしたことをすごくわかりやすく伝えて頂いたので、今後どのように母を支えていくのか、私の兄弟も含めて家族の中で方針を決めることができました。何より、母同様に私たち認知症の人間を抱える家族のことも考えてくれたことに本当に感謝しています。

院長:いえいえ、とんでもないです。認知症の方も勿論つらいのですが、その方を支えるご家族の方が同様に大変な思いをされるのがこの病気の一番の特徴ですからね。

Yさん:家族にとって話を聞いてくれている、理解してくださる、というのはすごく心の拠り所になるんです。

院長:私もまだまだなんですが、「病気だけを診て、その人そのものや周りのご家族」に配慮がいかない、というのは結果として良い方向に向かわない場合が多いんです。そのために、患者さんやご家族にしっかりとご理解いただいて、協力して治療を進めてもらいやすい診療体制の構築に努めているんです。

Yさん:たしかにこちらで実施頂いたVSRAD検査のおかげで、母の認知症の程度がわかり、進行度が把握できるようになりました。これは今後の母の介護について私の兄妹と話す上でとても良い資料になりました。

院長:そうだったんですね。各種検査でしっかりと病気の状況をご理解頂いて、ご本人とご家族が協力して治療を進めていくことが認知症のコントロールにはとても大切です。誰か一人が苦しい思いをするような介護はなかなか続かないですからね。他に頼れる親族がいないような場合でも、公的な介護サポートを受けることが結果的にはご本人の為になると感じています。

・・・認知症は本人だけでなく、その介護をするご家族にも負担を強いる病(やまい)です。

特に認知症の中でも割合の高い、アルツハイマー型認知症は症状によって
MCI(軽度認知障害)⇒軽度認知症⇒中等度認知症⇒高度認知症と分かれています。

今、ご家族が認知症のどの段階なのか?どのようなスピードで進行しているのか?非常に大切です。会話の中にもありましたが、まずお気軽にご相談ください。
当院では日帰りでの外来検査から、必要に応じて1週間認知症精密検査プログラムの実施も行っています。
患者さんとご家族のご要望に応じて、症状の原因を見つけ適切な治療を行います。

そもそも認知症とはどのような疾患なのでしょうか。

次のページへ

~認知症の疑いがあるご家族をお持ちの方へ~

当院では、認知症外来・物忘れ外来と認知症の専門外来を行っていますが、受診時に「認知症外来」や「物忘れ外来」と伝えるとご本人がお気を悪くされるケースがあります。ご希望の方はお電話で予約の際に、「物忘れ」「認知症」などの言葉を出さずに「診察希望」とお伝えください。ご家族の方が安心して受診できるように「高齢者向けの脳神経外科」や「脳ドック」として診察させて頂きます。

| これって認知症? | 認知症とは | 認知症の症状 | 家族もつらい認知症 | 認知症の種類 | アルツハイマー型認知症 | 軽度認知障害へのアプローチ | 当院の認知症診断体制~数値でわかる認知症検査~ | 1週間認知症精密検査について | 予約・初診の流れ | アクセス・診療時間 | よくある質問 | 当院のご案内 |